防犯対策の一つ

玄関についている古いドアノブ交換をすることで、防犯対策になります。ピッキングや空き対策のために大事なのが、ドアにカギを二個以上つけることです。カギが二個以上ついていれば、一個のカギをピッキングされても、もう一個のカギでガードできます。 ドアノブ交換やカギの交換は鍵屋さんに依頼出来ます。鍵屋さんに依頼すれば、防犯対策に優れたドアノブに交換してもらう事が出来ます。 賃貸マンションの場合、入居するときに鍵(シリンダー)交換料を支払えば、鍵を変えてもらうことができます。前の入居者が合い鍵を持っている可能性があるので、必ずカギを変えてもらうことが大切です。自分で鍵屋に依頼するよりも最初に大家さんに頼んだ方が格安に出来ます。

カギの交換やドアノブ交換は防犯のために大切ですが、最新の分譲マンションだと最新鋭のセキュリティーシステムがあります。指紋認証システム、顔認証システムなどがあり、システムが自動的に本人と判断してくれます。そのため、カギを持っていなくても自由に部屋に出入りできます。また、電子マネーやスマートフォンがカギ代わりになるマンションもあります。スマホをかざすだけでロックが解除できるので、とても便利です。 コンシェルジュや警備員がいるエントランスと自宅の玄関の二重のセキュリティーがあるので、ほとんど空き巣が入り込む余地がない住まいになっています。最新鋭の分譲マンションは、カギ交換もドアノブ交換もほとんど不要です。